Powered by Google.


Hosted by onShore

Buy the Book from Amazon Now!

Read the book using Safari Online Books

Some Rights Reserved

 

オープンソース・バージョン管理の標準

Subversion

によるバージョン管理

はじめに

このページはユビキタスなバージョン管理システム Apache™ Subversion® に関して、Subversion の開発者たちによって書かれた フリー の本、Subversionによるバージョン管理 のホームページです。

このページのレイアウトから推測したかもしれませんが、この本のいくつかの版が O'Reilly Media から 出版 されていることを私たちは非常に喜んでいます。もちろん希望するなら印刷された書籍 (英語版) を 購入 することもできますが、このサイトではこの本の最新のバージョンを HTML 形式や PDF 形式でいつでも読むことができます。

本のオンライン・バージョン

この本のバージョンは、Subversion ソフトウェアで使われているバージョンと一致するように意図された番号付けを使用しています — 例えば Subversionによるバージョン管理 のバージョン 1.7 は Subversion 1.7 を取り扱っています。オンラインで利用できる本の最新のバージョンは以下の通りです:

For Subversion 1.2 (日本語訳)

For Subversion 1.7 (英語版)

ナイトリービルド (for Subversion 1.8, 英語版)

このバージョンは作成中であることを心に留めておいてください: 特定のセクションにブックマークやリンクをしても、 それらのリンクは開発が進むことで無効になるかもしれません。 もし今後数年間は安定していることが期待されるリンクが必要な場合は、 上記の完成した版のいずれかにリンクするようにしてください。

また、(もはやほとんどの人の関心がないと思われる) 本の古いバージョン (英語版) は ここ で見ることができます。

フィードバック/貢献

この本やウェブサイトに対するフィードバックは、 svnbook-dev@red-bean.com [listinfo] に連絡してください。もしこの本 (O'Reilly の書籍またはその他) に誤りを発見した場合は、以下のようにしてください:

  1. 他の人がすでに同様の問題を報告していないか issue/ticket tracker を確認してください。もし報告済みなら、問題を修正するパッチを提供したい場合 (後述) を除いて、その他にすることはありません。
  2. 問題がまだ存在するかどうか XML ソースを確認してください。ソースは Subversion を使用して、https://svn.code.sf.net/p/svnbook/source/trunk/ にある Subversion リポジトリの trunk をチェックアウトすることで入手できます。 問題が最新のソースに存在する場合、問題を上記のメーリングリストに報告するか new ticket を作成してください。
  3. 問題が出版された第二版の本にある場合は、O'Reilly の 正誤表 を確認し、誤りがまだ報告されていなければそちらで報告してください。

本に関する誤りの報告はいつでも歓迎します。 問題に対する修正案が伴った報告ならさらに歓迎されます。 技術的な修正 (スペル、文法、マークアップなど) の場合は、 エラー報告のメールに XML ソースに対するパッチを含めてください (また件名に [PATCH] という単語を含めてください)。 文章の一節の論調や分かりやすさに関する個人的な懸念の場合は、 メーリングリスト上でその話題を取り上げることがベストでしょう。

翻訳

この本は他の言語にも翻訳されています (または翻訳中です)。 ページの最後にあるナビゲーションメニューから別の言語を選んでください。 各々の翻訳されたページには、 翻訳本 (もしくは翻訳作業中のスナップショット) の入手方法が掲載されています。 なお、全ての翻訳物は英語版を元としていることに注意してください。 また翻訳に関するコメントがあれば、翻訳者に直接連絡してください。

それって亀?

え、はい、確かに亀です。本の表紙を飾るために出版者によって選ばれた動物です。 「何故?」と聞かれる前に言っておきますが — 実は私達も知りません。かっこいいですし、それに Subversion を代表する動物として、 少なくとも「キモイ」ものが選ばれなかったことに妻達もほっとしています。

Ben Collins-Sussman,
Brian W. Fitzpatrick & C. Michael Pilato